読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドルフィンウォッチング

観劇や推しの活動の個人的なメモ。

2.5次元ナビ!と2.5舞台とチケットの話。

雑感

 4月から日テレプラスにて、2.5次元がテーマの番組のMCをやるとのこと。
 ありがとうございます。
 でもあんまり2.5次元舞台に出てない推しですけどいいんでしょうか。

2.5次元ナビ!|音楽・映画・ステージ|日テレプラス
人気若手俳優・平野良が贈る「2.5次元」情報バラエティ番組がスタート! 日テレプラスで4月から毎月放送へ | 超!アニメディア
日テレプラス、「2.5次元」舞台情報を中心にお届けする情報バラエティ番組がスタート。MCは平野良。:時事ドットコム



 しかもコンセプトが近い番組が2.5次元の不動のエース・鈴木拡樹くんMCでも制作されるんですよね。


 メインヴィジュアル見比べたら始まる前から負けているような……勝負じゃないし勝手に思ってるだけですけど……推しも十分かわいいですけど……最近病んでる原因じゃないといいんですけど……。



 ところで、私は2.5次元の舞台をあまり観ません。
 元々テニミュきっかけでここにいるので興味はあるんですけど、推しが出ないので余裕がなくて行けないというのが正直なところです。


 そんな中、去年は刀ミュを何公演か観に行きました。
 友人に誘われて阿津賀志山の本公演を見たらすっかりハマってしまいました。
 刀ミュの涅槃っぷりはすごいです。
 若い男の子たちが一生懸命歌って踊り、敵を斬って斬って斬りまくる、わかりやすくて感動的なストーリー。
 ライブパートではドリーム小説一歩手前の甘言がばんばん出てきます。
 キャラになりきった彼らは心から主(あるじ=観客)を愛していてそこに照れや嘘はありません。
 おかげで心置きなくぎゃー!って言えるのでストレス発散にぴったり。
 客席降りでは投げチューとかうちわ指さしとかのファンサも飛び交います。
 らぶフェスの「mistake」では顔面偏差値の高さに圧倒されて久しぶりに「今ここで死ねる」と思いました。
 ドリライ6thか、お誕生日イベントでウェブマ三兄弟で踊ったFGKSか、直近ではボーイバンド前楽ぶりかしらという満足感でした。
 最近では脳内麻薬がドバーっと出るような感動を推しから頂くことが減ったので、この手の2.5次元舞台に出てくれって思う時があります。
 でも出たら出たで大変なんだろうなとも思います。
muhuhu.hatenadiary.jp


 役者としては推しを推しつつ、推しから得られないものを補っている今の状態はなかなか心地いいものです。



 せっかく2.5次元の話になったのでついでにチケットの話をします。
 去年の話ですが、友人からチケットが重複してしまったと連絡が来ました。
 どうしたものかと悩んでいるうちに、結局、友人がものの数十分で取引を成立させました。
 恐ろしいスピードです。
 ひとつのチケットに対して複数の声がかかったようなんですが、どういう基準で取引する相手を選んでいるのかを聞いたところ、

  • きちんと挨拶できてこまめに連絡が取れる ←よくわかる
  • 公演が終わってからお礼が言える ←私は気にしないしやらないけどわかる
  • 推しかぶりしてなくてグッズやイベントで相互協力できる人 ←???


 とのことでした。
 なので友人はツイートの少ない卵アイコンは丁寧にお断りして、以前からグッズ関係でお知り合いだった方に決めたようです。
 この三つ目が俳優のおたくからするととても新鮮に感じられました。


 友人はもともと原作ファンでグッズも積極的に集めています。
 推しキャラを確実に入手するには箱買いしないと難しいらしく、とはいえ推し以外のグッズを残しておくのも大変なので、お譲りすることがよくあるとのこと。
 なので相手の推しキャラが違って同じくらい原作が好きなら今後グッズの取引もできてお互い好都合です。
 それに、相手が転売目的かどうかを判断する基準としても適当だと思います。
 もし変な人の手に渡ってしまって再譲渡・転売されたら大変です。

 こういう条件のついたチケット取引は2.5次元舞台では一般的なようです。
 中には他の人気公演への先行エントリー協力や、チケット代金にキャラグッズの買取を上乗せ(どちらも定価ですが)する場合もあるようです。


 私はチケットのやり取りでは、お互いに最低限度の情報だけを伝え合い、取引終了後は個人情報を削除してなかったことにするのがふつうだと思っていました。
 取引終了後のフォロー解除、DM・ツイート削除を明記しているアカウントも見かけます。
 ですがそういう一見取引実績のないアカウントだと、友人のような判断基準では相手にされないということになります。


 いいとか悪いとかではなく、ただただ世界の違いに驚いたのでした。
 そしてもし今後推しが人気2.5舞台に出たとき、チケットが自力で入手できなくて、こういう譲渡しか存在しなかったら正直キツイ……と思ったのでした。
 この一文が言いたかっただけの文章でした。


 今年33歳の推しに2.5に出る心配をしなくてもいいのかもしれませんが、青江さんのキャストがまさかすぎる人選だったので。